2016-05-24

5/22 MTMチャレンジカップ vol.8 @慈圭病院

































参加してきました


OSKから1か月ちょっと、久々に個人的には参加するニッケル水素の大会です。
前回OSKでは見事にアルカリで外してしまい、何とか食い込みたいところ。

ただ個人的な事情で参加事態が結構ぎりぎりな感じでしたが
なんとか車体を間に合わせることができました。












































いつも通りのVSですが、前後インゴムとでこの重量は上出来。
 
さて当日、いつも通りコース設営等々してからアトミ2個いただいて慣らし。
うーむ、どちらもつらい…
回転数ふつうだけど、トルクがスカスカすぎて泣きそうでした。

練習走行で今回パナライト新品を下して慣らしをしてからやってみましたが
うーん。。。なんか微妙な走り。
追い充電の電圧がいつものネオチャンに比べて上がりきらず。
とりあえずコースインしてみるものの、パンチがやっぱりない。


不安を抱えてからの1ヒート
とりあえず上がりきってないけど、自分基準のタイムを出すために。
LCも難なくクリアしてまだまだスラスト抜けるなーって思いながらの28.22
微妙…

午後からの第2ヒートに向けてひたすらモーター慣らしつつネオチャンプを準備。
加えてほかのエントラントがどれくらい出すかを見ながら、攻め方を考えます。


第2ヒート

モーターもぼちぼち仕上がってきました、もう一回パナライトを試してみたくなり
追い充電してからの出走。
あれ?遅い?電池のせいにしてもこれは…
LCも入らずCO。

ピット戻って、メンテチェック
ペラ受けの補強に接着してたカーボン片が外れてスパーギヤがぐちゃぐちゃにwww
幸いほかのギヤ部分にはダメージなかったので、スパーと念のためにクラウン、ペラを交換。

やっぱり午後からガンガン上げてきてますのでこのままじゃあかんとネオチャンプ投入。
第3ヒートまでの結果で上位15人が予選通過になります。
第4ヒートは敗者復活戦ということで16位以下上位5人が敗者復活で計20人が決勝へ。

第3ヒート
タイミングもあっての出走で、見るからにタイムアップ望めそうな走り。
LCもべたべたクリアで27.29。
第一ヒートからの1秒近くのアップです。
ただタイムの位置づけとしてはすごい微妙な位置…

第3ヒート後



























































これが噂のZODライン…!つれえw
しかも15位maatochiさんと0.03秒ていうアレ。

16位から20位までで0.3秒というなかなかハードな展開に。
ただここからはそれまでのベストラップでの敗者復活になるので
仮にタイム落ちたとしてもまぁたぶん大丈夫かな…

第4ヒート
やっぱりパナライトさんでアタックを試してみる。
タイプアップなら御の字、ダウン、COならお祈りしてみる。

27.64と微妙なタイム。うーん、やはり電池がまだ育ってない感じか。


その後ハラハラしながら第4ヒートを見守って結果 




























































うえ様に抜かれたものの、辛くも予選通過。

さて決勝アタック。
今回のMTMは決勝2ラップ方式、つまり6週走り切ってタイムを出すというルール。
これは僕は初めてのレース展開で賞味どうしたらいいのかよくわからない部分もあり
とりあえず今日一番の走りをしようと思い、準備します。

20位から上位への出走で待機列にて順番待ち

決勝第1ヒート
電池もちょっと深めに追ってコースイン。
あきらかに今までのとは違う走りで1ラップ目LCもクリアしてタイム27.05!
個人では今日イチのタイム出せてほっとしましたw
けど2ラップ目がまだ残っていますが、これまたLCも通過して トータル54.48
なんとかタイムを出せてよかった!

そして残りの出走エントラントのタイムを見つつ電池をやります。
みなさん攻めすぎてるのか、意外にCOが目立つ荒れた展開に。
1ラップ目は残るものの2ラップ目でLCでCOと…

気が付くと一瞬暫定1位w
決勝1ヒート終了でまさかの3位にw

これでまた決勝2ヒートのレース運びが変わってきます。
いろんな人に、すごい嫌な位置に残したタイムと言われたり
またうれしいことに、いろんな人から「ナイスラン!」をいただけてにやにやしていました。

ただやっぱり狙うのはてっぺん取りたいですし
自分が残したタイム上回られたら一気に圏外へなる不安も。

決勝第2ヒート
電池を同じように深めに追ってアタック。
あれ?いまいち伸びきらず、LCも通過するものの55.47でフィニッシュ。
モーターの熱入れが足りなかった可能性が悔やまれます。

その後のエントラントの出走を応援しつつ、自分の順位を算段()

結果



























































5位!
上出来すぎます!
ただやはり上までのタイム差を見てもらったら指くらいは引っかかっているだけに
なかなか悔しい結果にw




























































マツカワさんより、各周回をまとめたもののリザルトです。
この辺りが2ラップの難しいとこといいますか、面白いところなんでしょうかね。

2位に輝いたOSK田中さんは、個人的にも交流が深い方なので
準優勝ですが、本当におめでとうございました!

運営スタッフの方々、参加された皆さん、ありがとうございましたお疲れ様でした

0 件のコメント:

コメントを投稿